« 高音域の女王 | トップページ | 初携帯カラオケ。 »

GLAY 「RAIN」

今日は「GLAY」について。

私がGLAYを知ったのは学生の頃、「グロリアス」を聴いてからでした。というよりその前に出ていた「Yes,Summerdays]」は知っていたのですが、それを歌うのがGLAYだとは知らなかったという感じです。あの頃はまだ今のようにメジャーではなく、また面白そうなバンドが出てきたなぁと思ったのを覚えています。

今では言わずと知れた、日本をリードするメジャーバンドですよね。

そのGLAYのデビュー曲、「RAIN」。

私にとっては彼らの数々の名曲の中でも、素晴らしいです。

作詞は、かの「YOSHIKI」。

当時の「X(エックス)」があったからこそ、今のGLAYがあると言っても過言ではないでしょう。

バックの演奏はほとんどがピアノですが、なんといってもこの曲の醍醐味は、ボーカル「TERU」の声ですね。「RAIN」は、まさに彼の真骨頂でしょう。

切ない中にも感じる暖かい優しさ・・・・・。そして突き抜ける、がしかしうるさく感じない、むしろ心の奥に響きわたる高音。。。

・・・・・素晴らしいです。

最近でもGLAYは色々と活躍していますが、「RAIN」当時の彼らは今とはまた違った素晴らしさがありましたね。

「ずっと2人で。」といい、私はやはりバラードを歌うTERUの声は特に良いと思います。

・・・ちなみにカラオケでは「RAIN」は絶対に手が出ません。キーが高すぎます。。。。。

|

« 高音域の女王 | トップページ | 初携帯カラオケ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210992/5462873

この記事へのトラックバック一覧です: GLAY 「RAIN」:

« 高音域の女王 | トップページ | 初携帯カラオケ。 »