« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

感動!世界フィギュア!

 昨日最高の盛り上がりの中幕を下ろした「世界フィギュア」。

・・・・・最高でしたねー。日本選手のがんばりに、私は思わず震えました。

 男子では高橋大輔選手。銀メダル、素晴らしかったです。彼は今までも日本のエースと呼ばれながら、なかなか結果を残せずに悔しい思いをしていました。そしてここ最近身体共に非常に成長してきて、そして今回の銀メダル。これから本当に頼もしく期待できる「エース」になりそうですね。

 そして女子の浅田真央選手。一日目のショートプログラムでの結果が響き最終的に銀メダルでしたが、2日目フリーの演技は私が見ていてもその日の出場選手の中でも最高だったと思います。少し前は「女の子」って感じでしたが、成長しましたねー。顔も小さいし脚も長いし、まさにフィギュアをするために生まれてきた・・・って感じです。

 そしてそしてやはりなんといっても、「金メダル」・・・安藤美姫選手。荒川静香選手に、「しーちゃん♪」なんて言っていた頃はそんなに前ではないと思いますが・・・。そんな彼女があっという間に今の日本フィギュアを牽引する存在に。演技の安定感が、以前とは比べものにならないくらい増しました。2日目のフリーは、久々に4回転トライ??と、ちょっぴり期待もしましたがそこはさすが、しっかりとまとめて「金」となったわけですね。

 そしてエキシビジョンでは安藤選手のために絢香がかけつけ、LIVEをバックに滑るという最高の共演もありました。

中国のペアで、演技を終えた直後に男子選手が女子選手に耳元で「プロポーズ」なんていうロマンティックなエピソードもあったようですね。

 とにかく本当に楽しませてもらい、そして沢山の感動をもらった数日間でした。

「サラリーマンパパもがんばらなきゃな!!」

そう思ったパパでした。

見た直後はそう思うんですよね。。。。

寝て、次の日起きるまではね。。。。

・・・・・・おやすみなさぁい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラオケ難易度★★★★★

 私が月に1回ほど、同じ会社のメンバーと行く恒例のカラオケ。

ところが今月はなかなか時間が合わず、まだ行けてなーい。

しかもここ最近私が風を引いてしまい”歌う”どころではなくなってしまい。。。

 その仲間達と最近話題になっているのが、絢香とコブクロ

WINDING ROAD

これ、非常に難しい曲ですよね。

絢香のパワフルでストレートな声が曲の中軸を構成、コブクロ小渕の高音とファルセット(裏声)が曲に広がりを持たせ、そしてコブクロ黒田の低音が曲全体を支え、重厚感を加えて。

実力派同士のコラボならではの、素晴らしい曲の仕上がりですね。

質は違いますが、互いの声の相性の良さもひとつの要素ではないでしょうか。

 先日ある歌番組でライブをしていたようで、私は残念ながら見れなかったんですが妻がそれを見たようで、感動していました。

次回の恒例カラオケでは、ぜひともトライですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の「元気になるsong」Part2

 1週間ぶりとなってしまいました。。。。。。。

最近何かと忙しくとても疲れ気味。それは仕事で移動中に聴く曲で顕著に表れます。

お疲れLEVEL1・・・疲れていると自分で認めたくないため、がんばってテンションがあがるような曲を流す。

お疲れLEVEL2・・・「自分は疲れているかも・・・」と認め、癒し系ばかり聴きたくなる。

お疲れLEVEL3・・・何も聴きたくなくなる。何を聞いても耳に入らない。耳に障り、音量すら下げる。

最近はまさにLEVEL3でした。。。。。

一応音楽はかけていたのですが、全くそれを楽しめない・・・そんな自分がまたイヤでイヤで。

そんな中、今私を元気にしてくれる曲。

CHEMISTRYの「約束の場所」です。

何年も前にテレビで放映されていた「浅ヤン」オーディションで選び抜かれた2人。その頃私はとても楽しみにして毎週観ていました。そして最終まで残ったうちの一人がEXILEのATSUSHIだったり、今では同じレーベルに所属しているネスミスだったり。

今思えばすごいメンバーですよね!

というわけで、私はデビュー当時からCHEMISTRYが大好きです。

 最近の彼らはというと、どちらかといえばその音楽センスだったりハーモニーの素晴らしさが強調される、レベルの高さを感じさせるような曲が多いような気がしていました。

ところがこの曲は初め聴いたときに印象が全く違いました。耳に自然に流れてくる、素朴でいてどことなくノスタルジックな曲調。歌詞もとても素朴で、「夢」に対する思いだったりが純粋に語られている。さすがは槇原敬之がつくった芸術です。

そしてそれを表現する、CHEMISTRYの2人の絶妙な歌声。。。

素晴らしい曲ですね♪

ここのところ毎日聴いて、元気をもらったり、「夢」を持つ気持ちを思い出させてくれる、貴重な存在です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆるゆる」系ハワイアン♪

 今日紹介するのは、「Petty Booka」です。

先週会社にて同じ部署の先輩と雑談中、聴かなくなった昔のCDをフリマ(フリーマーケット)で売るということだったので、それは勿体無いということで私が数枚いただいてきました。その中の1枚が「Petty Booka」です。

試しに会社で試聴したところ、これがなかなか悪くない。有名な曲をハワイアンアレンジしたCDアルバムでした。

そもそもハワイアンって自ら率先して聴いた覚えもなく、私にとってはむしろあまり興味の範囲内に達しなかったジャンル。ハワイアンミュージックといって連想するのは、「キャシー中島」(フラダンスの方か??)や「ジェイク・シマブクロ」といったところでしょうか。

そして週末、仕事に向かう車の中で聴きました。

と、これがなかなか癒される。。。。

ウクレレベースのサウンドと、なんと言っても女性2人のユニットが織りなす ”ゆるゆる”感に満ちた歌い方。

・・・・・・・とにかく、”ゆるい”んです。それがハワイアンの曲調とマッチして、更に更に ”ゆるい”んです。

アルバムの中には「ケ・セラセラ」のカヴァーも収録されていたんですが、こうなるともう「なるようになる♪」どころじゃなく、「どうにでもなれー・・・・」。ですハイ。

その後仕事のテンションに自分を引っ張り上げるのが、どれだけ大変だったことか。。。。。。。。

 そして休日、家族との夕食のBGMに再び「ゆるゆる♪」。

すると息子が「これいいね!」と、私の一番のお気に入り「パイナップル・プリンセス」を鼻歌し始めたのです!

更には次の日仕事を終えて家に帰ると、我が家のコンポで流れていました「パイナップル・プリンセス」。妻もどうやら気に入った様子。

先輩こんな素晴らしいアルバムを処分なんて、もったいないですよー。

「ゆるゆる」したい方、オススメです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!1000アクセス!!

 おかげ様をもちまして、アクセスカウンターが「1000」を越えました!!

嬉しいっす!

毎日(ではないけれど)趣味のような他愛もない事を書き綴り続け、もうすぐ2ヶ月・・・・。きっと偶然迷い込んでしまったという方もいるでしょう。そしてこの「1000」のうち、きっと何件かは自分。。。。

ページをめくるだけでカウントされるようなので、その上での「1000」なのでしょうが、でも嬉しいです。

日本(世界???)の色んな地域で暮らす人達が何かしらの縁でここを訪れてくれる。それって偶然だとしても何だか素晴らしい。

これからも、” 気ままに ” 続けていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトル変更!!

「 Musippy 

新しいタイトルです。

サブタイトルのとおり、音のある幸せ♪

”music” と ”happy” 

他にないものと思い、ずいぶん考えました。それでやっと決まったのが、

Musippy」 でーす。

結果、単純が一番という結論にたどり着いたので。

 以前のタイトルも別段問題はなかったのですが、ちょっと長く覚えづらい感じだったので思い切って変えてみました。

インターネットで「お気に入り」に登録すると「musippy」と出るから、なんだか嬉しい。

 しばらくしたら、またデザインも変えようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

My sweet home

 「家に帰ろう

竹内まりやさんの名曲です。

この曲がリリースされた頃、私はまだ確か学生でした。すごく気に入っていて、何度も聴いて ”ほんわか” な気分に浸っていたのを覚えています。しかしこのフェイバリットも先回の「REBECCA」と同じパターンで、いつの間にやらどこへやら・・・。そして今週たまたま入手し、車の中で毎朝私を幸せな気分にしてくれています。

初めに聴いていたあの頃も素晴らしい曲だなぁと思っていましたが、今となって聴いてみると、感じる素晴らしさが全く違うんですよね。

歌詞をじっくり聴くと、妻のことを考えます。

♪居心地の良さに決して甘えないで♪

うーん・・・・耳が痛い。。。。。。

今の自分は、妻に優しくしてあげられているだろうか、思いやりをもってあげられているだろうか。

結婚して、子供もできて、そうするとお互いに”義務”だとか”役目”だとかが増えてくる・・・。そしてそれを武器にお互いが衝突したり、はたまたそれを言い訳にしてみたり。。。。。

この曲を聴いて妻に、今よりほんの少しだけでもいいから「ありがとう」を伝えてあげたくなった私でした。

結婚している、もしくは付き合っている自分の大事な”パートナー”。そんな”愛する人”に対しての気持ちを今一度見つめなおしてみるには、ピッタリの曲かも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の中の「伝説」のバンドシリーズ。

今日は、「REBECCA」です。

言わずと知れた、80年代を代表するアーティストです。

私もレベッカの曲は持っていますが、何せ「カセットテープ」主流の時代に残した物・・・今となっては聴くべき媒体のない「お蔵入り」のひとつになってします。

CDも以前は持っていたのですが、一体どこへいったのやら消息不明。。。気に入ってたのに。

私がレベッカの曲と出会ったのは小学生くらいの頃だったでしょうか。「フレンズ」があるドラマで流れていて、幼いなりに鳥肌が立ったのを覚えています。たしか、「レベッカ」の「フレンズ」なのか、「フレンズ」の「レベッカ」なのか、最初はとまどっていました(「スピッツ」と「ロビンソン」も初めはそうだったような・・・・)。

最近久々に聴く機会を得て、念願の再会となりました。

ボーカルNOKKOの強烈でそれでいて切なさも持ち合わせた透明感に満ち溢れた声・・・・そしてバラエティーに満ち溢れたインパクトの強い曲の数々。

私が最も好きな曲は「LONELY BUTTERFLY

”君はまるで、自由な蝶々さ、信じるなんて出来ない”

・・・・なんてフレーズなのさ。。

あの頃の私が、聴いた瞬間にとてつもないセンセーションを体験した、数少ないアーティスト。

”歌がうまい” ”いい曲”・・・・  沢山あるけど、

「REBECCAみたい」 って、他にない気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わず口ずさむシリーズ。

 今日は仕事がお休み。朝から家族でリビングにてゴロゴロ。息子はひとり黙々と、幼児向け雑誌に載っていた「ボウケンジャー迷路」を解いています。

うちの息子は鼻歌が好きで、ブロックやらミニカーやら遊びながらいつも鼻歌歌ってます。

今日も無意識に・・・「♪チャンチャンチャーン、チャンチャンチャーン、チャンチャンチャンチャンチャン、チャン♪」

おお、その曲は確か、「クシスコポスト」では??!!

運動会・・・かけっこ・・・とくれば、定番のあれです。

誰もが知っていながら、曲名があまり知られていないあれです。

どんなにゆっくり歩いていても、その曲を聴いたとたん走り出さざるを得なくなるであろう、あれです。

・・・そうかー。

「迷路」と「クシスコポスト」・・・・。。

確かに迷路って、何となく急いでる感、且つ追っかけてる感、もしくは逃げてる感、、があるかも。  納得ですねー。

4歳の息子にちょっぴり感心。

てゆうかキミ、なんでそんな曲を知っているのだ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花より男子」好きの妻。

今話題のドラマ「花より男子」・・・・・人気ですねー。うちの妻も最初のシリーズ以来大ファンです。特に「ハナザワ ルイ」役の「小栗 旬」が好きらしいです。

私も何度か見たことはありまが、「青春」って感じで良いドラマだなぁと思います。キャスティングもいいですよね。

「花より男子」も、ドラマの中の彼らと同世代の人達はきっと自分の現実だったり想像だったりを重ね合わせながら、毎週ドキドキして見てるんでしょうね。

・・・と、大人としての冷めた意見を言っている自分がちょっぴり寂しい気もします。

とはいえ、あの作品はコミックとしては歴史が古いんですよね。私も青春(ギリギリか・・・)だった頃から知っていましたから、ドラマが始まった時、

「あぁぁ、あの漫画だ。」

と思いました。

あの頃から今現在へと、世代を越えてそれを読んだ(見た)人に共感される、素晴らしいことです。

ちなみに妻の今の携帯着信音

「一般の着信」・・・・・・・・宇多田ヒカルの「Flavor Of Life

「私からの着信」・・・・・・嵐の「Love so sweet

そのまんまやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »