朝青龍優勝!!

 いやー、今回の大相撲初場所は、大興奮でした。

場所前の朝青龍の公開稽古を見た限り、さすがの横綱も限界かと思いましたね。

もしさすがに無理だと判断するならば、休場もありえるのではと思っていました。そうなるといよいよ・・・・「引退」、もありえるのではという状況。

それが一転、出場だと聞いて・・・。

彼の今までの風雲児っぷりや実力からしても、これは何か起きるんじゃなーい???

・・・って感じですよー。

最終日こそ横綱直接対決で一旦敗れはしたものの、決定戦できっちり借りを返しての「 V 」。

八百長疑惑始め色んなことで叩かれ続けてはきましたが、やっぱり今の角界には間違いなく彼が必要でしょう。

なんだかんだ言っても最近人気が無くなってきたなんて言われている相撲界、そりゃあ朝青龍サマサマなんじゃないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TKショック!!

 うぉう・・・。

めっちゃ久しぶりに更新。。。

前回は、うちの愛犬くぅと暮らしてから1ヶ月の頃か・・・・。

半年以上前やん。

そうか。

あの頃噛み癖で困ってたか。

そんな頃もあったわね的に久々に書いてます。

 ちなみにくぅちゃんはもうすぐ1歳。

噛み癖はすっかりなくなりました。

ミニチュアとは思えない程、やたらビッグサイズに成長。

とにかくビッグ。

うちの息子が力負けする程です。

 TK逮捕の件は、すごくショックでしたね、

私も小室世代を聴きながら青春を過ごした一人として、とても残念です。

今後どうなるのか。

あれだけの才能の持ち主ですから、是非がんばって復活してもらいたいと願います。

 久々に自分のブログを見直してみると、なんだか昔の日記を読んでるみたい♪

これからはちゃんと更新しようと心に決めたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観ました!ペルセウス座流星群!

 お盆にも関わらず相変わらず仕事ばかりの毎日。

家族サービスもなかなかできず、申し訳ないなぁと思いつつ。

一日なんとか休みを取り、息子と一緒にプールへ出かけました。

楽しかったかな??

 昨日の朝会社への車中、朝のバラエティーで、「ペルセウス座流星群がピーク!」というニュースを観ました。

流れ星・・・。実は一度も観たことがなかったんですよね。

あの東京お台場でも見れたということだったので、これが私の好奇心に火をつけました。

観測情報としては、夜11時以降に北東方向・・・とのことでした。

 仕事を終え帰宅。

家族が寝ずに待ってくれていました。

晩御飯を食べ終わる頃、私の顔も見たことだし寝ると妻が言うので、せっかくだからと半ば強引に妻と息子を、「ペルセウス座流星群」観察に家の外に連れ出しました。

 我が家の玄関軒で待つこと約5分・・・・・

「あっっっ!!!」

空を一瞬にして横切る光。

そーう!!!!生まれて始めての、「流れ星」!

ほんと、あまりに一瞬すぎて、「願い事」なんて余裕はないですねー。

最初の一つ目は私しか見れなかったのですが、二つ目は家族揃って確認できました。

 ネットで調べたところ、毎年この時期に観られるものみたいですね。

知りませんでした。

いつかもっともっと星が沢山輝く場所にいって、空を縦横無尽に駆け巡る流れ星を堪能したいものです。

 ちなみにじっと空を見上げて流れ星を待っていた時間、頭の中ではずっと、島谷ひとみの「ペルセウス」が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイレーツオブカリビアン・・・もうひとつの顔。

 我が家のファミリーも大好きな映画です「パイレーツオブカリビアン」

最新作「ワールドエンド」

レンタル開始まで、もうちょいかな???

うちではサントラCDで盛り上がっています。

 でも、私の中での「カリブの海賊」といえば、、、もちろんディズニーランドの、あのアトラクション♪

 「ホーンテッドマンション」や、「スプラッシュマウンテン」、「スターツアーズ」など、数えあげればきりがないほど楽しくてファンタスティックなもの盛り沢山なディズニーランドですが、その中でも私が文句なしにナンバーワンに好きなのが、そう、「カリブの海賊」です。

 最近は忙しかったりでなかなか行く機会を作れませんが、いつか家族みんなで時間を気にせず、あの「ファンタスティックワールド」を訪れる日を夢見る毎日です。

 というわけで先週、ディジニーアトラクション「カリブの海賊」のテーマソング 「♪ヨーホー♪」を入手しました。

ディズニーミュージックと言えば、「イッツアスモールワールド」だったり「エレクトリカルパレード」は有名ですよね。

私ももちろん、色んなバージョンを持っています。

でも今まで私が持っていたディズニーシリーズには、「ヨーホー」などは収録されていませんでした。

だから今回は、それが入っているアルバムを狙い撃ち。。。

  ・・・・・・・・・・・ええねー。

 「ベアバンド」だったり、「ホーンテッドマンション」なども入っていたので、更にご満足でした。

 いつかは時間を作って、家族でいきたいディズニーランド♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JUJUに夢中。。。

 いやいや、本当に久しぶりの更新になってしまった。。。。

仕事で疲れて大好きな音楽にも向き合えていない自分が寂しい、この頃です。

最近はJUJUにハマってます。

本当に素晴らしい声ですねー。

包容力があり、そしてその中に感じるパワー。

まさにR&Bですよね。

おおきなコンサートホールとかではなく小さなライブハウスで、アコースティックな生演奏でその歌声を堪能したい、そんな気持ちにさせられます。

 最近は日本離れした歌唱力や才能をもつアーチストが増えたなと感じることが多くなりました。JUJUもまさにその一人ですね。

 今後も是非素晴らしい曲を歌い続けていただきたいです。

 ちなみに・・・

   我が家の外壁に巣を作りかけていた燕は、どうもうちの壁が作りにくかったのかどうなのか、途中でやめてしまいました。

今は数センチ盛り上がったその残骸が空しく残っています。

・・・・・・・・期待してたのに。(なにに????)

でも休憩のためうちの玄関トドアに止まっているようで、糞だけが少しずつたまっていっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家にツバメが!?

 先週末の休みに朝起きて家の外で煙草を吸っていたら、目の前をよぎる黒い影。そう、燕だったのです。

もう何年か燕を間近で見た覚えがなかった私は、その可愛らしさと、青い空を一直線によぎるように飛ぶ美しい姿に目を奪われました。

見たところ何羽かいるようでしたが、どうもなにか様子を伺いながらあちらこちら旋回している様子。そして何分かおきに、我が家の玄関前を軽やかに且つすごいスピードで横切っていくんです。

そしてその瞬間、ふとひらめきました。

「これはもしや・・・・・・・・・。巣作り?????」

 我が家の玄関は、ちょうど2階北側バルコニーの真下になるため、雨風はしのぎやすいし巣作りには好条件。

もしかすると燕が我が家にて巣作り♪ 考えていると何だか嬉しくなってきました。

 私はその夜ネットで早速リサーチ。

そしたら、ありました。

やはりそうでした。私の中での遠い記憶と印象の通り、燕が家に巣をつくると、縁起がいいらしいですね。

「商売繁盛」だとか、「その家の繁栄」だとか。

ま、それはそれで嬉しいのですが、なんといっても燕が巣作りの場所として我が家を選んでくれたら、、、その方が感激ですよね。

 それ以来私は、そのことをすごく気にかけていました。

 今日家に帰ると妻と子供が、

「パパ!燕さんやっぱりうちで巣を作ってるみたい!!」

話を聞くと、どうも我が家の玄関壁の一部分が、少しずつ盛り上がってきているらしく。

たのしみでーすーなー。

これからの進行具合を、デジカメで撮って掲載していきたいなと思っています。

しばらくは、「Musippy ミュージッピィ・・・音のある幸せ」

改め、

「ツバメッピィ・・・燕と共に暮らす幸せ」

になりそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の「パラパラ」♪

 しばらくぶりの更新となりました。

最近はとても忙しく、家に帰ってきてご飯を食べたらもう寝る時間という毎日。プライベートな時間がなかなか取れない、その現状が尚更ストレスになります。音楽に関してもほとんどBGM状態で、楽しんで聴くというには全く至らない・・・・。

疲れたな。。。。

 今日は久々の休み♪

そろそろ我が家の車が買い替え時のようで、家族で見に行く予定です。

お金がないというのに・・・出費がかさむんですよね。

 話は変わりここ最近私の移動中BGMは「ユーロビート」です。

あまりに音楽と楽しく触れてあっていない状況が続いていたので、この疲れている心と体には少々鞭打つ感じでしたが、テンションアゲアゲのユーロビートをかけることにしたのです。

聴いたことがある方はご存知だと思いますが、ユーロビートってかなり激しめなんですよね。

ただただ過ぎてしまう毎日についてゆくだけの自分を打破するための、”ちょっとした冒険”でした。

そしてもう1週間ほど、ユーロビートの手持ちCDを”とっかえひっかえ”かけてます。

・・・・いいですねぇ。「パラパラ」♪

私がもっているユーロのCDは、学生時代の「パラパラ」全盛期のものがほとんど。もう10年以上前になるでしょうか。

あの頃はほぼ毎週のようにディスコ通い。ほとんどのディスコには店内のホールに続く通路途中にロッカールームがあり荷物なんかはそこに入れておくんですが、ホールでかかる大音量の曲がそのロッカールームでも聞こえていて、テンションが急激にあがったのをよく覚えています。

 あの頃はディスコが社会現象のひとつでした。

安室奈美恵が一躍有名になった「TRY ME」や、

MAXの「TORA TORA TORA」などもユーロビート和訳でしたね。

 私の遊んでいたエリアに何軒もあったディスコですが、今では数も減り、残っている店もクラブやカフェに変わってしまいました。

次の「ユーロ」ブームは、いつ再来するのでしょうか?

 というわけで、最近は「パラパラ」で自分の心のインスピレーションを維持している私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待望の「チャルダーシュ」♪

 ついに入手しました!

モンティ作曲の「チャルダーシュ」♪♪

 先回の世界フィギュアで、浅田真央選手が演技に使用していた曲です。放送を見ていて曲名を知り、必ずや近いうちに手に入れてやると心に秘めていた待望曲でした。

先週末にいつものレンタルショップへ。

「クラッシック」関連のCDをくまなく漁りました。枚数にしておよそどれくらいだったでしょうか。何百枚でしょうか?

時間にすると、1時間以上はそのコーナーにいたと思います。

そしてその数ある中に2枚(きっと洩れもある)、「チャルダーシュ」の収録されているアルバムを発見。

その2枚のうち、他に入っている曲も吟味して1枚を借りてきました。

そしてお店を出て早速すぐに車で再生。。。

「おぉぉー、こーれーだー!!」

とっても熱くなりながら応援して観ていた世界フィギュアを思い出しましたね。

感動ですにゃ。

 そしてこの「チャルダーシュ」

ちょっと調べてみましたが、ジャンルは「ジプシー」になるようですね。

「世界・・・」で観たときの曲名は、たしか「チャルダッシュ」になっていたと思います。

バイオリンを基調として、”ゆーっくり”な部分と”ものすっごく速い”があり(専門的知識ゼロにつき、表現の仕方が子供みたいですがごめんなさい)、そのギャップがまたたまらない。

哀愁ただようメロディ・・・・・いいですねぇ。

バイオリン奏者の方にとっては演奏がとても難しい曲なのではないかと、素人ながらに思います。

 週が明け会社で、クラッシックの好きな同僚にその苦労と感動を伝えたところ、

「チャルダーシュ?・・・あー、てゆうかそれ、すごいメジャーですよねー。」

・・・・・・と、一蹴。

そうなん?

メジャーなん???

自分はまだまだだな、と思った私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレス頂点。。。その先には。

 久々に日付が変わる前にこうしてパソコン開いて記事書いてます。ほんと、久しぶり。

今日は仕事でとてもとても悔しい思いをしました。今の仕事を始めてもう10年になりますが、今までの中で最も悔しい思いをした一日でした。

でも今はもう、大丈夫(って自分に言い聞かせる)。

妻にこのぶつけようのない悔しさを聞いてもらい(ごめんね)、そして頭の中を冷静にして毎度のポジティブシンキングに切り替えられました。

   どんな辛い苦しいことでも、それが過去のものになった時、必ず

「あんなこともあったなー。」

なんて懐かしむ思い出に変わる。

だから逃げずに乗り越えれば、必ず未来が開ける。。。。

そんな今日も車の中では「松たか子」の歌が流れていました。

心の奥底にある、大人になってしまった今では自分で引き出すことが不可能なくらいの”ピュア”な部分をくすぐる・・・・

不思議な感覚ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラオケ難易度★★★★★

 私が月に1回ほど、同じ会社のメンバーと行く恒例のカラオケ。

ところが今月はなかなか時間が合わず、まだ行けてなーい。

しかもここ最近私が風を引いてしまい”歌う”どころではなくなってしまい。。。

 その仲間達と最近話題になっているのが、絢香とコブクロ

WINDING ROAD

これ、非常に難しい曲ですよね。

絢香のパワフルでストレートな声が曲の中軸を構成、コブクロ小渕の高音とファルセット(裏声)が曲に広がりを持たせ、そしてコブクロ黒田の低音が曲全体を支え、重厚感を加えて。

実力派同士のコラボならではの、素晴らしい曲の仕上がりですね。

質は違いますが、互いの声の相性の良さもひとつの要素ではないでしょうか。

 先日ある歌番組でライブをしていたようで、私は残念ながら見れなかったんですが妻がそれを見たようで、感動していました。

次回の恒例カラオケでは、ぜひともトライですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)